2010年06月07日

認知症の人と家族の会、公益社団法人に(医療介護CBニュース)

 認知症の人と家族の会はこのほど、公益社団法人の認定を受けて登記したと発表した。全国に支部がある社団法人が公益法人の認定を受けるのは初めて。

 同会は認知症当事者の家族などによる全国規模の民間団体。認知症の調査研究や電話相談などの活動は公益性が高いとされ、5月31日付で公益社団法人に認定された。

 一般社団法人と比べ、公益社団法人は寄付が集まりやすくなることから、同会は今後、企業向けの案内文や訪問などを通じて寄付を募る方針で、寄付金の増加に伴い事業の範囲も拡大する。


【関連記事】
認知症を地域で支えるための手引書を公表―東京都
認知症の人の支援に「地域のつながり」を
認知症の専門医「全然足りない」―武田認知症対策専門官
認知症家族の「情報格差が大きい」―都認知症会議
認知症サポート医への研修を実施―東京都

<岡本倶楽部事件>弁護士会が電話相談と被害者説明会開催へ(毎日新聞)
普天間訓練移転、麻生知事「まず大阪に条件を」(読売新聞)
子ども手当申請で職員に暴行=男逮捕、「制度おかしい」―滋賀県警(時事通信)
<公判停止>殺人罪被告が自殺図り10年 佐賀(毎日新聞)
「婚活」でスポーツ参加率アップ=「合ハイ」「皇居ラン」など―文科省(時事通信)
posted by スガ セイイチ at 14:11| Comment(10) | 日記 | 更新情報をチェックする

2010年06月01日

八ッ場ダム「湖面2号橋」橋げたひっそり接続(読売新聞)

 群馬県長野原町の八ッ場(やんば)ダム建設予定地で25日、工事途中の4本の橋脚が巨大な十字架のように見えて有名になった「湖面2号橋」の橋げた接続工事が完了した。

 橋は、吾妻川の両岸で整備中の代替地同士を結ぶ県道で長さ590メートル。ダム完成後の地域の生活道として2003年度から建設が進められていた。取り付け道路などの工事を経て、今年度中に開通する予定だ。

 ダム本体の建設中止が持ち上がった昨秋は大勢の観光客が押し寄せ、橋を背景に記念撮影する光景も見られたが、この日は工事関係者が作業するだけ。中止を掲げる前原国土交通相と、建設を求める下流都県との溝が埋まらない中、ひっそりと橋がつながった。

衆院3分の2割れに=社民離脱で再議決に影響も―与党会派(時事通信)
富士通、カリスマモデル「モモエリ」とコラボレーションした個人向けパソコンを発表
「牛の角突き」収益の一部を宮崎に寄付へ(読売新聞)
NHK初の強制執行 受信料不払い5人に(産経新聞)
取り調べの違法一部認定 大阪高裁(産経新聞)
posted by スガ セイイチ at 14:29| Comment(15) | 日記 | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。