2010年05月13日

「母になるための環境」日本は32位(産経新聞)

 子供のために世界各国で活動する国際NGO「セーブ・ザ・チルドレン・ジャパン(SCJ)」(東京)は6日、母親になるための環境が整っている国の調査結果を発表した。ランキングの上位はノルウェーなど北欧諸国が多くを占め、日本は160カ国中32位だった。

 調査は毎年5月の「母の日」にあわせて実施されており、今年で11回目。5歳未満の子供の死亡率や初等教育への就学率など7項目の「子供指標」、女性の平均余命や産休・育児制度など8項目の「女性指標」をそれぞれ数値化。計15項目の総合を「母親指標」としている。

 日本は、子供の就学率などが高い水準で「子供指標」では6位。しかし、女性が働きながら子育てできる環境などに課題があり、「女性指標」は38位に。総合では、昨年の衆院選で国会議員の女性比率が増えたことなどもあり、前回より順位を2つあげて32位となった。SCJは「少し良くなったが、先進国の中では高い順位ではなく、女性指標の向上が今後の課題」と指摘している。

 1位は、国会議員の女性比率の高さや男女間の賃金格差の少なさなどが評価されたノルウェー。オーストラリア、アイスランド、スウェーデンなどが続いた。

【関連記事】
子ども手当、半額で据え置き 民主の研究会
地域で子育てを支える 自分らしい育児を見いだすきっかけに 
児童虐待の最前線 苦悩する現場、「立入調査権」運用の難しさ
女性の7割が出産で退職 「働きがい」がカギ
子ども手当「人口」と無縁 止まらない少子化
「高額療養費制度」は、もっと使いやすくなる?

20年以降 近畿で72件 消火器「攻撃」悩める教会 (産経新聞)
美容と健康に効く!“真っ黒メニュー”が登場(産経新聞)
331円安で終了=東京市場(時事通信)
鳩山首相、4日沖縄入り=移設案提示へ北沢防衛相らと協議-普天間(時事通信)
小沢氏「百万、千万の味方を得たような気持ち」 谷氏出馬表明(産経新聞)
posted by スガ セイイチ at 01:43| Comment(1) | 日記 | 更新情報をチェックする

2010年04月27日

<強盗>ホテルで従業員縛り400万円奪う 埼玉・本庄(毎日新聞)

 26日午前4時25分ごろ、埼玉県本庄市寿3のラブホテル「アマン」のアルバイト従業員の男性(45)から「強盗に遭った」と110番があった。県警本庄署員が駆けつけると、ホテル2階の事務所から売上金など現金約400万円の入った金庫がなくなっており、レジからは現金約2万円が奪われていた。従業員は左手に軽傷。同署は強盗致傷容疑で捜査している。

 同署によると午前4時ごろ、建物1階の通用口から男2、3人が押し入り、2階で清掃中の従業員にナイフのようなものを突きつけ「おとなしくしろ。レジの鍵を出せ」と脅迫。従業員は両手と目を粘着テープで縛られたが、自力でほどき通報した。男らは30~50代。いずれもニット帽やジャンパーなど黒っぽい服装だったという。他に従業員はいなかった。【山本愛】

【関連ニュース】
強盗:エステ店に2人組、経営者ら縛り財布など奪う 茨城
殺人未遂:容疑の男逮捕 警察官にシンナーかけ火 名古屋
強盗:ビデオ販売店で14万円奪い男逃走 大阪
中国:日本人3人の死刑執行 麻薬密輸罪で6日に続き
強盗:私がやりました…刑務所から自供の手紙

17年前にも「創新党」 小沢氏ら、新生党旗揚げ時に検討(産経新聞)
少年少女バイク窃盗団、37人逮捕・書類送検(読売新聞)
指導力不足教員12人 都教育委員会発表(産経新聞)
首相「政治資金、資料提出は必要ない」 党首討論(産経新聞)
事故調漏洩問題で検証Tが会合 JR西幹部、謝罪とともに釈明も(産経新聞)
posted by スガ セイイチ at 10:58| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2010年04月24日

<伊藤和也さん>遺志継ぎアフガンに寄宿舎 基金に2千万円(毎日新聞)

 アフガニスタンで08年8月、NGO「ペシャワール会」のスタッフとして活動中に殺害された伊藤和也さん(当時31歳)=静岡県掛川市出身=の両親が23日、「伊藤和也アフガン菜の花基金」に寄せられた2000万円を同会に託し、現地に寄宿舎を建設すると発表した。「菜の花の一粒の種かもしれないが、思いが伝わってほしい」と両親は願っている。

 発端は、伊藤さんが現地で撮影した菜の花畑で笑顔をみせる少女の姿だった。母順子さん(57)は「和也が残した写真の無邪気な女の子を見て、何かできないかと思った」と振り返る。息子を失って3カ月後、両親は「菜の花基金」を設け、伊藤さんの残した写真展を始めた。これまでに北海道から沖縄まで全国34カ所を回り、計2629万9648円が寄せられたという。

 順子さんは「不況で、募金を呼びかけるのはためらわれました。でも、失業中の人が『写真展で勇気をもらった』とメッセージを残してくれたり、多くの人に支えられました」と感謝する。

 ペシャワール会は今年2月、アフガン東部のジャララバードにイスラム教の学校「マドラサ」を完成させた。併設する寄宿舎の建設に基金から1800万円を充て、残る200万円をトラクターなどの購入費用に使う。寄宿舎では戦争で身寄りを失ったり、遠隔地に住む7~15歳の少年約200人が暮らす。父正之さん(62)は「和也が生きていれば必ず賛成してくれたと思う」と話した。【山田毅】

【関連ニュース】
第248回 「菜の花のカナッペ」
指宿:満開の菜の花を見て キャンペーン隊がPR
こいのぼり:空から子供の成長願い 北杜の道の駅に450匹 /山梨
菜の花まつり:20万本満開--四国中央・翠波高原 /愛媛
取材で車を走らせると… /岡山

<ローソン>脅迫文に「商品に毒物入れる」(毎日新聞)
追突事故で女性死亡、酒気帯び容疑で男逮捕(産経新聞)
アカウミガメ 産卵期前に清掃活動…愛知・表浜海岸(毎日新聞)
「ネットで教育問題語ろう」文科省が掲示板(産経新聞)
豊田章男・トヨタ自動車社長 人がいいのはいいけれど… (産経新聞)
posted by スガ セイイチ at 03:03| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。